行政書士と地方自治法の関係について

行政書士の勉強をする上で地方自治法という法律があり、これに関しても試験で難問が出題される傾向があります。
地方自治法とは簡単に紹介すると、地方公共団体の組織や運営に関して定められている法律となります。
この法律もまた行政書士の業務を理解する上で必要な科目であり、法律家としても必要な知識でもあります。
行政書士の勉強は覚えることがたくさんあるため、法律の勉強をしたことが無い方には若干苦労することがあります。
ですが法律家という職業に関係なく、地方自治法について知っておくと政治に関するニュースの理解度が増すことになります。
これによって日本政治に一層興味を持つケースも珍しくないため、地方自治法を学ぶことは色々とメリットがあります。

交通事故 相談
どんな些細なことでもご相談下さい。

決断した別れをさらにスムーズに
「離婚は決断したが大事にしたくない」という方にもピッタリです

いつもお前が残る、読書感想文
終わりだ読書感想文。思えば毎年、お前が夏休みの邪魔をした

不動産登記はこちらでどうぞ
表参道司法書士事務所は不動産登記を主要業務としているので安心です。

相続 札幌
素人に見落としがちな問題も直ぐに解決致します!

最新投稿

  • 行政書士試験に欠かせない地方自治法

    行政書士試験で最も大切なのは、行政法です。
    行政法とは、実際にそのような名前の法律があるわけで …

    続きを読む...

  • 地方自治法の勉強法について

    行政書士試験には行政法と呼ばれる法律をいかに習得するかが合格のかぎとなります。
    行政法という名 …

    続きを読む...

  • 行政書士資格における地方自治法について

    地方自治法は、行政書士試験における行政法のひとつです。
    行政法の中でもっとも重視される「行政三 …

    続きを読む...

  • 行政書士試験の地方自治法について

    行政書士は国家資格であり、弁護士や税理士などの有資格者を除いて試験に合格する必要があります。

    続きを読む...